倭の邪馬台国

紀年と崩年干支 ヤマト王権の成立 ヤマト王権の展開 ヤマト王権の成熟 ヤマト王権の完成

新日本書紀第一巻 新日本書紀第二巻 新日本書紀第三巻 柿本人麻呂伝

 

「東の野に炎」の歌

高尾山古墳

 

『新日本書紀』著者紹介


 著者は高木從人です。「高木從人(たかきつぐひと)」は、 久保田英文 ( くぼたひでふみ ) の筆名です。高木從人という筆名を最初に使ったのは大学一年生のときです。もっとも、そのときはまだ、「従人」でしたが。何にも依拠せずに、著者の自由な発想で選びました。その意味は、将来、高みにある精神・思想の伝統を継ぐ者は自分だという自負と高みにある精神・思想には素直に従う謙虚さを失わないという戒めのためです。
 高木從人の『新日本書紀』関連外の著作はこちらで展示されています。

久保田英文
東京都生まれ
静岡県出身
千葉県在住
出版社・地球星系社社主
応用物理学会会員(2019年現在)


高木從人のサイト

宇宙と宇宙旅行と物理

超電磁のお店

反フェミニズム山脈

予言のテラス

地球星系社